長い間更新してない・・・

更新するまでの間、色んなことがありました。

その中で1番は、5/25から入院して、尿管・腎臓結石の内視鏡でのレーザー粉砕を行ったことです。


ワーファリン系の血液抗凝固剤の服用を効能が短時間で切れるヘパリン点滴に置き換え(OP中の大量出血を防止するため)るため、1週間前から入院。点滴を行い、当日の朝、ヘパリンも止めました。


まぁしかし、はじめて全身麻酔もしたけど半身麻酔よりマシ程度かな・・・・。(というか、もう半身麻酔はできないと言われました。なんでやったかな・・。これも抗凝固剤の関係やったような気する・・・。)他のとこにも書いたけど、呼吸を助けるため、気管に管を入れるらしい(麻酔下でされ、OP後麻酔がさめる前にのけるため知らない。)ので、OP後に痰がでるし気管が少し痛い。これは2~3日続きます。

それから麻酔下でおしっこの管を入れるため、麻酔がさめたらむっちゃおしっこがしたくなること。(入れる説明は事前に聞いてるけど、冷静に状況を麻酔がさめたすぐは、わからない。)もうね。そりゃ知らないみんなの前でおしっこちびってしまう恐怖感に襲われました。当然、安静でなきゃダメなのでおしっこに行かしてくれるはずもなく、管が入ってますよと何度も声かけられるし、動こうとすると数人で抑制されます。


それに陰部から既に出血と同時に粉砕された石も出てきてるので、痛いのなんのって・・・・。

まぁ・・・半身麻酔は、その上にあのシビレ感(正座の後の血が通うシビレの強烈なやつ)が腰から下全部くるのと戦うから・・・それがないだけマシかな・・・。




そんなこんなで次の日には、もう退院。しばらく排尿時にむっちゃ痛いので、ロキソニン系の痛み止めが処方されます。それから抗生剤も。


で約4週後、尿管に留置された尿管閉塞予防のための管を内視鏡で取り出し(6/24)、翌日、尿路感染症(急性腎盂腎炎)から高熱で入院。6/29退院しました。


踏んだり蹴ったりでした。


まぁね~。石取れたし、不安がなくなったから良しとするかな。

で、急性腎盂腎炎は、けっこう再発の可能性が高いので、できるだけ(仕事せないかんし限界あるけど)無理しないようにしています。

全部、タバコや食べ物の不摂生から起こってます。それももう何年も前に止めてるのにね。

なるならないは人によるけど、タバコを吸う人は僕のようになる可能性もあることを十分知って下さいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック